読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の原稿

書いた仕事などについて

結婚式の話

「鍵山さん」とお昼ごはんを食べた(どこの鍵山さんかは書かない)。
話したのは落語や幕末の歴史、また観光のことなどとりとめのない……でも本当に楽しい時間だった。しかし鍵山さんの前に出ると、いつまでたってもしどろもどろになる。

鍵山さんから聞いて驚き、そして嬉しかったのは、
もう10年以上前、自分の結婚式に鍵山さんを招待させてもらった時の話。
当日、鍵山さんは東京から大阪までお越しになり、ホテルの入口で女性スタッフに話しかけられたという。

————
「今日はどちらへお越しですか?」
そこで鍵山さんは、私の名前を出しました。
すると、スタッフは何も見ずにこう言いました。
「それならまだ、お時間がございますね。上にご家族の方の控え室がございます。それともティールームでお待ちになられますか?」
今日は誰それの結婚式で、など何も言ってないのに話が通じ、そして時間について諳んじていることに驚いたそうです。
「私は親族ではないので、お茶にします」
「それではこちらへ」

喫茶室に案内された鍵山さんがコーヒーを飲んで時間をつぶしていると、別の男性スタッフがあらわれました。
「そろそろお時間ではないでしょうか?」
驚いて時計を見ると、確かにそろそろ会場に向かうべき時間です。
鍵山さんが会計を済ませると、男性スタッフは鍵山さんをエレベーターまで案内しました。
するとそこで、先程の女性スタッフにばったり再会します。彼女はにっこり笑って言いました。
「いいお時間でしたね」
ここはなんとすごいホテルなんだと感動したそうです。
僕の知らないところで、そんな話があったんだと僕まで感動してしまいました。
————

あの当時、自分はほとんど収入がなかった。
しかし「女性は結婚式のことを一生覚えている」という忠告を聞いていた。
どうせやるなら自分も楽しまなければ意味がないと思い、少なくとも当時「一番」だった場所を選んだ。
(一応、生涯に一回しかやらない予定だし)
今になっては、あのときの決断を正確に思い出すのが難しいが、私は貯金の全て、文字通りの全財産を結婚式に注ぎ込んだ。
そういうことをバカにする人は多いし、一理も百理もあるとは思う。しかし、とりあえず私の場合は、正しい選択だったと思う。


10年以上を経た今から振り返っても。