今日の原稿

書いた仕事などについて

「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」を観てきた

映画初体験の息子と一緒に見てきました。
思えば僕自身の人生初映画も大長編ドラえもん第1作「のび太の恐竜」であり、感慨深いものがあったな。
途中で出ることも覚悟してたが、息子は2時間じっと観て「楽しかった!」とニコニコ。ありがとうドラえもん

f:id:gonsuke219:20170328184012j:plain 
映画の内容は、冒険に次ぐ冒険。各所で言われた通り、下地は完全にラヴクラフトの『狂気山脈』。
 
南極の地下に「旧支配者」の遺跡があるという舞台設定だけでかなり興奮してくるが、上映開始とほぼ同時に名伏し難い敵(ニャルラトホテプだな)が登場する。意味なく巨大ペンギンが出てくるのはニヤニヤした。
南極で出会うヒャッコイ博士のアイテムがスチームパンクなのは、ヴェルヌ『地底旅行』のリーデンブロック教授を彷彿とさせ、時空移動を介した伏線とその回収もお見事。さらにドラえもんのび太のブロマンスもある。
 
最初から最後までハラハラドキドキで、なんというか僕の大好物のフルコースという感じだった。
演出も、キャラクターのアクションとセリフががっちり一体化しており、下手な監督に多い「しゃべると物語が止まる」ことはなし。
 
ラスボスは、巨神兵デイダラボッチからの明確なインスパイア。パンフレットによると脚本・監督の高橋氏はジブリ出身。本作は『この世界の片隅に』『君の名は。』に次ぐ、ジブリ解散によって生まれた傑作ということなのかもしれない。
 
エンディングは平井堅。ここで「のび太の宇宙小戦争」に使われた武田鉄矢『少年期』レベルの楽曲が来てたら冷静でいられた自信がないが、それは欲張りすぎかな。とにかく面白かったです。


大雄的宇宙小戰爭 のび太の宇宙小戦争 少年期 - 武田鉄矢

 
H・P・ラヴクラフト『狂気の山脈にて』を収録してるのはこれ。

ラヴクラフト全集 4

ラヴクラフト全集 4

 

 また上記作品の元ネタがこちらに収録の『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』。これはE・A・ポオが未完で終わらせてしまった作品で、ラヴクラフトはその続きを書いたことになる。

ポオ小説全集 2 (創元推理文庫 522-2)

ポオ小説全集 2 (創元推理文庫 522-2)

 

で、もうひとつ。ラヴクラフトと並行して別の続きをジュール・ヴェルヌが書いたのが『氷のスフィンクス』。

氷のスフィンクス (集英社文庫―ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

氷のスフィンクス (集英社文庫―ジュール・ヴェルヌ・コレクション)