読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の原稿

書いた仕事などについて

宮崎駿の長編制作準備は既定路線

www.nikkansports.com

 

ね。昨年11月に書いた通り。
君の名は。』『この世界の片隅に』というジブリのDNAを継ぐ作品の大ヒットで、宮崎駿の血が騒がないわけがない。
 

www.nhk.or.jp

以前のNHKドキュメンタリーで、宮崎駿はCGで短編作品を作ろうとしていた。
なぜなら宮崎駿の長編引退宣言で、手元にアニメーターがいなかったからだ。
しかしドワンゴ川上量生に変なCGゾンビを見せられ、宮崎は自らのアニメの新たな可能性を確信してしまった。

www.excite.co.jp

かのスティーブ・ジョブズは「影響を受けた」ことを、当の相手を罵倒することで表現するトンデモ野郎だったが、宮崎駿は相手への説教でこれを表現する嫌な人(笑)。
つまり、ジョブズが「おまえみたいな奴がそんな良いアイデアを持ったって、それ以上発展しない。だから俺が奪ったる」というのと同じで、「おまえみたいな奴がそんな良い技術を持ったって、それ以上発展しない。だから俺が正しい使い方を教えたる」というわけである。
 
CGアニメの問題点は、物理法則から外れたり設定した造形を無視したりするような動きのダイナミズムが生まれにくいこと。
だから宮崎駿はCGが嫌いだった。
しかし自分で手を入れてみたら「案外イケるぞ」と踏んだ。ピクサージョン・ラセターでも実現できてない「動き」を実現できると心が沸き立ってきた。
「自分に残された時間を考えて、1作なら長編イケる」と考えた。
 
そして鈴木敏夫が制作準備を発表したということは、いつものように「宮崎駿のために金をかき集める算段」がついたということだろう。
今頃2人は、全国から一流スタッフを強引に引っこ抜いている最中だろうと思う。
まさに『風立ちぬ』で自ら反省して描いた堀越二郎と同じで、「大量の人間を犠牲にして、オレ流の美しいものを作り上げてやるぜ!」という状況のはずなのである(笑)。