読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の原稿

書いた仕事などについて

浜岡原発に行ってきた

お仕事

御前崎浜岡原発に行ってきた。

原子炉建屋の燃料プールを眺めたりしつつ、高さ22メートルの防波壁(防潮堤)の頂上にも登らせてもらった。

砂上堤防と二重になっている防波壁、改良盛り土、陸側を囲む防火帯、潜水艦みたいな構造の建物。

地震にはこうだ、津波にはこれだ、外部火災にはこれで、竜巻にはこれだぞといった感じで、いろんな是非があるとはいえ、日本の土木・建築技術の結晶であることは事実。

稼動していない浜岡だが、現在も3000人以上が日夜働いていて、夕方になると出入り口は帰宅者で大渋滞。

風力発電の開発も行っていて、すぐ近くに巨大な風車が建っている。
しかし風車というのも厄介なところがあって、でっかい羽根がくるくるまわるものだから、太陽の光がチラチラと遮られるストロボ効果が出てしまうらしい。
そのため周辺住民からの苦情が絶えないのだそうだ。

しかもそれをフルに動かしても、発電できる量は原発の敷地内に予備で置かれている電源車1台分くらい。
まだまだ技術改良を積み重ねていかないといけない。

なんかいろいろと不思議な感じ。